生活

このままリモート&テレワークが主体の働き方になると、都市部では空きビルが増える可能性がある

  1. HOME >
  2. 生活 >

このままリモート&テレワークが主体の働き方になると、都市部では空きビルが増える可能性がある

ほんの去年位までは、在宅で自宅で勤務している人は社会のはみ出し者の様な目で見られていた傾向だったと思いますが、今年は新型コロナが流行して、満員電車や人口密喉の高い密室で感染しやすいと言う事が分かって来てからと言うモノ、基本的にパソコンで出来る仕事は家のパソコンか会社で貸し出すパソコンで行う在宅勤務が主流になって行ったのです。

在宅勤務には2通りあって、期日までに仕事を終わらせて会社に納品すればOKなタイプのテレワークと、会社に通勤して働いている時間はパソコンの前に居なければならないリモートワークがあるのですが、これらの就業方法は会社によって違っているので、一口に在宅勤務と括っても内容は全く違って居たりするのです。

とは言え、会社に出勤しないで家で仕事が完結する様になるので、会社が入っているビルの会社のフロアには人があまり居ない状態が続く事になっていると思うので、出来ればフロアを賃貸している家賃を削減して別の少し狭いフロアに移転するなどして行くと、会社側としては色々経費の観点から楽になる気がします。

所が、緊急事態宣言が解除になったのをキッカケに、多くの会社では通勤を再開してしまったので、今現在の通勤電車は結構混み合っている状況の様です。

しかも、通勤電車が感染経路とは限りませんが、感染経路が不明の感染者が増加している傾向にあるとの事なので、通勤電車もある程度感染経路の可能性があると考えた方が良いのかも知れません。

その事を前もって鑑みた会社も多数存在していて、主となる就業の形態をテレワークに移行した所も結構あるので、そのうち東京のオフィスが入っていたビルが軒並み空きビルやら空きフロアの多いビルになる可能性も出て来ると考えられるでしょう。

緊急事態宣言中だけ在宅勤務にしていた会社は、出来れば解除後も在宅勤務の形態を取るべきだったと思っている所も多いのかも知れませんが、今からでも遅くは無いと思うので早めに決断して欲しい所です。

ますます東京の感染者数が増加しているので、これは第二波が来たと思って良い気がするのですが、この第二波を短期間で沈静化させるにはやはり通勤している人数を減らす対策をしたり、人の集まりやすい場所や状況を作らない様にしたり、夜の飲食ではマナーを守って接客する様にするなどの対策をしていって欲しいですね。

将来的にテレワークやリモートワーク中心の世の中になった場合は、空きビルの利用方法が課題になって行ったり、通勤しないことが原因で肥満になる人が増えたりするなどの問題が発生して来ると思いますが、コロナが流行しなくなるのならまだ安い課題だと思います。

-生活

© 2020 スポトレ