生活

どうやらカラスには、人語は話せないけど理解はしているらしいと言う話が尽きない

  1. HOME >
  2. 生活 >

どうやらカラスには、人語は話せないけど理解はしているらしいと言う話が尽きない

カラスは賢い?

都会では、ゴミ置き場のゴミを漁って食い散らかすので嫌われる事が多いカラスですが、早朝の新宿を歩いていると路上に落ちている食べられそうなものなら何でも食べているので、ある意味都会の掃除屋さんを担っている気がします。

ゴミ捨て場で袋を破いて漁っているカラスに対して、一通りの困る理由を説明してやらないで欲しい旨を伝えると、そのカラスは注意したゴミ捨て場には来なくなるそうなので一度試しにやってみるのも良いかも知れません。

他にも、毎朝通る道にカラスが居て毎日カーカーと言って挨拶をしていたら、いつの間にかある時からカラスの方からカーカーと挨拶してくれるようになったとか、結構人間と心が通じ合る様なエピソードを聞く事が出来ます。

他にも、道に迷って全然たどり着けなくて途方に暮れていた時に、近くの電線の上に止まっていたカラスに持っていたお菓子を報酬としてやるから~と言いながら目的地の建物の名前を言ってみた所、その建物に案内するかのように飛んで後ろを都度振り返るので付いて行ったら、予想外にドンピシャで目的地に着いたので、報酬のお菓子をあげたと言う話もあるのです。

更に、田舎の田んぼの近くでカラスとトンビが喧嘩をしていたのですが、どうにもカラスが2羽に対してトンビが1羽で不利な状況になっていたのと、近くに車通りの多い道路があって車にぶつかりそうになっていたので咄嗟に危ない!と叫んだら、トンビをイジメるのを止めて別の方向に2羽のカラスが去って行った!と言う事もあったのです。

他にも探せばまだまだ不思議な交流がある事が多いカラスの話があるのですが、要はカラスは自分では話す事は出来なくても、結構人間の言葉を理解している鳥だと言う事が分かると思います。

人間の言葉を理解していると言う事は、ある意味カラスの近くで誰かの話をしていたり歌を歌ったりしていると、その時はカラスに聞かれてているだけだったかも知れないけど実は、後でカラスが歌って仲間に聞かせてみたりしている可能性もあるかも知れません。

または、カラス同志の関係の中では、カラスの口伝の伝承みたいなものが存在していて、それを幼少期に親から聞かされて育つと、人間と上手く共存しようと働きかけて来る様になって来るとも言われているので、もしかしたら将来は、デフォルトで人間の言葉が分かって更に話せるようになるカラスが現れても不思議では無いと思います。

-生活

© 2020 スポトレ